インプラントで失った歯を作ればしっかり噛めるようになる

方法を見る


歯科助手

歯を失ってしまった際に施す治療法は、いくつかあります。
その中で、唯一、天然の歯に近い状態で再現できるのはインプラントです。
従来からある入れ歯やブリッジという治療法は、治療を受けても噛む機能が満足できるレベルにまで達することが困難な治療法となっています。
その理由は、顎骨に固定されていない治療法だからです。
言うまでもなく、天然の歯は顎骨に固定されています。
ですから、強く噛むことができるのです。
従って、入れ歯やブリッジは歯のカタチは再現できても、噛む機能まで再現することは困難なのです。
その点、インプラントの場合は、人工歯根を埋め込んで顎骨に定着させ、その上に人工歯を装着するという治療法となります。
ですから、噛む機能まで再現することが可能なのです。

但し、インプラントは虫歯の治療のように、どこの歯医者でも行っている治療ではないのです。
ですから、治療を受けたいのであれば、インプラント治療を行っている歯医者を見つける必要があります。
ただ、インプラント治療は現在では広く普及していますので、治療を行っている歯医者を見つけることは難しいことではないでしょう。
しかし、治療を行っている歯医者すべてが優れた治療を行っているというわけではありませんから、注意が必要です。
インプラントは非常に大掛かりな治療法ですから、歯科医の技量が深く関係している治療法です。
設備の充実具合も関係しています。
しかも、一般的に1本につき数十万円もしてしまう、非常に高額な治療法です。
高い料金を支払っているのにもかかわらず、満足できる結果が得られないようでは大きな損失となってしまいます。
ですから、歯医者選びは慎重に行うべきなのです。