インプラントで失った歯を作ればしっかり噛めるようになる

リサーチする


入れ歯を作る

インプラントは、失った歯を補う治療法としては最善の治療法だと言われています。
なぜなら、インプラントの治療を施せば、天然の歯があった時と同じ状態を再現できるからです。
但し、治療費は概ね高額となっています。
1本あたり、安い歯科でも十数万円、相場では30万円くらいしてしまうのです。
極めて優秀な治療法なのだから、治療費が高くても仕方ないと考えることはできます。
しかし、現実問題として高額な治療費は、治療を受ける際の大きな障害となります。
インプラントは非常に高度な治療法です。
歯科医が高度な知識・技術を会得していなければならないことは当然ですが、そればかりではなく、高性能な設備も必要となるのです。
使用する人工歯根、人工歯も高品質である必要があります。
ですから、その分、多大なコストがかかってしまいますので、どうしても医療費が高額になってしまうのです。

ただ、この状況には改善の兆しが見えます。
インプラントは保険が適用されない治療法だったのですが、2012年4月より、保険が適用されるようになったのです。
インプラントは新しい治療法ではありますが、それでも日本に導入されたのは1980年代のことです。
ですから、まったく歴史も実績もない治療法ではありませんし、それ故、保険が適用されるのが遅いと感じるくらいです。
ただ、保険が適用となった現在でも、多くの歯科で保険適用外で治療が行われているのが現状です。
なぜなら、保険適用の条件が厳しく、多くの歯科が条件を満たせずにいるからです。
ですから、相変わらず治療費が高額であるのが現状なのです。
ただ、長い間、保険が適用されなかったのに適用されることになったという事実を考えれば、今後、厳しい条件も緩和されることが期待できます。
そうなれば、インプラントは、もっと有効な治療法になると言えるでしょう。