こんにちわ!婚活ガイドの、みゆきです。

 

「婚活パーティーに参加してるけど、いい人が、なかなか見つからない。」

「カップルになっても、好きになれない。」

 

婚活を頑張っているのに、結果がでないと、

精神的にも、肉体的にも、疲れてしまいますよね。

 

知人の、みどりも、婚活に疲れていて、一時期、休んでいたんです。

 

しかし、

 

彼女は、考え方を180度変えて、

婚活を楽しめるようになりました。

 

では、彼女のように

婚活を楽しんで、婚活迷走から抜け出すには、どうすればいいのか?

 

ご紹介していきます!

 

1.結婚観・理想の相手像を明確にする

 

婚活を、闇雲に初めても、「ゴール」が見えていないと、

迷走してしまいます。

 

つまり、迷走を抜け出すためには、

 

まず、ゴールを明確にすることです。

 

大手結婚相談所では、最初の段階に、

 

プロの担当者の会話術によって、

 

あなたの潜在的な、

理想の相手像や、結婚観に気づけるよう、

 

インタビューをします。

 

そこで、あなたが、本当に求める「ゴール」をもとに、

 

「婚活計画」を作成するのです。

 

ゴールを明確にすると、

ゴールに辿りつくまでに、今、何をするべきか?

 

などが目に見えてわかるので、

 

「モチベーション」が保たれ、

 

結果的に、曖昧に婚活している人よりも、

 

早い結婚が可能となります。

 

結婚相談所に入会する必要はありませんが、

 

是非、1度、

あなたが潜在的に求めているものについて

真剣に考えてみてください。

 

どうしても、自分では、わからない!

 

という女性は、

 

結婚相談所の無料カウンセリングを受けるだけでも、

あなたの求める結婚相手像・結婚観が明確になります。

 

婚活女性は、無料のサービスを上手に活用しましょう!

 

実際、わたしは、ツヴァイのカウンセリングに行ってきましたが、

 

「包容力のある、器の広い、温かい男性」

 

を潜在的に求めていました!

 

ツヴァイは、無理な勧誘もないので、気軽にカウンセリングを

上手に活用してみてください。

 

ツヴァイの詳細については、以下よりドウゾ!

結婚紹介所 ZWEI「ツヴァイ」

 

2.あなた自身の事を知る

目的を明確にしたら、

あなた自身の事を良く知る事です。

 

だれでも、自分の事は、よく分かっておらず、

 

あなたの友達のほうが、

あなたを理解していることも少なくありません。

 

なぜ、あなた自身の事を知る事が、婚活を成功させる為には

必要なのでしょうか?

 

 

例えば、あなたのゴールが決まったら、

 

それを叶えるためにどうしていけばいいのか?

 

もし、あなたが人見知りで、

 

男性に魅力を上手にアビールできない女性だとします。

 

「やさしい男性と35歳までに結婚する。」

 

とゴールを決めると達成するまでに、いくつか問題がでてくると思います。

 

・コミュニケーション能力を高める
・男性に慣れる
・自分を会話で上手にアピールできるようになる

 

など、改善点が見えてきます。

 

逆に、

・素直で明るい性格
・笑顔が可愛い

 

など、あなたの「アピールポイント」

 

を知る事ができれば、それを自信にして、

男性と関係を深めていくことができます。

 

あなたの改善点や、魅力を第三者目線で知る事で、

 

ゴールするまでに、

 

何をすべきか?が明確になり、

 

婚活の迷走から抜け出せるのです。

 

結婚相談所のツヴァイや、

パートナーエージェントでは、

 

あなたの性格・恋愛傾向、婚活偏差値を知る事ができる

簡単な心理テストが無料で受けられます。

 

結婚相談所のサービスは、入会しなくとも、

婚活女性にはとても役に立ちます。

上手に活用しましょう!

わたしは、パートナーエージェントの婚活EQテストを受けましたが、

わたしの長所は、ポジティブ。

短所は、気遣いができていない・・・泣でした。

 

まずは、あなた自身の事を、テストでよく知りましょう!

ツヴァイの恋愛傾向チェック↓

恋愛傾向チェック→

 

パートナーエージェントの婚活EQテスト↓

パートナーエージェント [EQ診断テスト]

まとめ

婚活の迷走から抜け出すには、

まず、ゴール(目的)を明確にすることです。

 

そして、あなた自身が知らないあなたの長所や短所を知る事で、

 

ゴールに向かって、何を改善すべきか?

どの長所を伸ばしていけばいいのか?

 

などが、明確になり、結果的にゴールが近づいて行きます。